Hybrid PoW / PoS
暗号通貨 SorachanCoin
BlockExplorer: こちら

A drive(HDD/SSD) failure prediction
Finex drive chain.

ブロックチェーン開発を楽しみましょう!
○ ドライブ故障予測のP2Pネットワーク [SORARA project, FinexDriveChain]

新しいデータベースの検証は、私たちにお任せください!

[SORA] ウォレット最新情報!
using wallet version, BerkeleyDBから最新のSQLiteに置き換えます。
using Blockchain version, LevelDBから最新のSQLiteに置き換えます。

v3.6.10 (リリース 2021年4月7日)
using Wallet version: LevelDBから最新のSQLiteに置き換えます。(SQLite v3.35.0 2021年3月)

v3.5.10 (リリース 2021年3月22日)
using Wallet version: BerkeleyDBから最新のSQLiteに置き換えます。(SQLite v3.35.0 2021年3月)
※ ウォレットの残高移行は「完全自動」です。このため、いつも通りに起動するだけでOKです。
起動中に「Data migrating from BerkeleyDB to SQLite」の表示が出て、この間に移行いたします。

※ BerkeleyDB版のウォレットは「wallet.dat」で、SQLite版は「walletsql.dat」になります。

SQLiteの利点(1から4):
1, SQL構文はバージョンによって変わらないため、常に最新バージョンを利用できます。これにより、モバイルへの親和性が高まります。
2, ウォレットの書き込みに使用する遅延書き込みを自分で実装できるので、確実にセキュアアロケータを導入できます。
3, フラッシュによるディスクへの書き込みは、3秒間隔で確実に実行できます。
4, SQL構文は、データ構造のさらなる拡張を可能にします。

v3.5.10, v3.6.10 最新版のSQLiteを搭載済みです。

最新版: v3.4.10
ブロックチェーンを安定させるために、試験的に自動的な動的チェックポイントを導入いたしました。

* [SORARA project] SORA ブロックチェーンの開発について

testnetは常にアクティブです。
なお、開発に必要なテスト用コインは、discordで配布いたしております。(SorachanBot).

もちろん、DiscordでSORAの投げ銭(rain)を実施しております。
これで、開発に必要な本番用のコインを貯める事もできます。お気軽にご相談ください。

mainnet :
https://sora.junkhdd.com:7350/

testnet:
https://www.junkhdd.com:17350/

* v3の機能: ベンチマーク機能の実装(ブロックチェーンを活用する試験的な実装)

このベンチマーク機能は、書き込みを含め、データ温存です。ご安心ください。

[SORA] latest wallet released! (Feb,Jan-2021 version 3 !!)

v3.3.10: シンクロ中の残時間タブを実装いたしました。

v3.2.10: ピア情報のタブを実装いたしました。

https://github.com/FromHDDtoSSD/SorachanCoin-qt/releases

v3.1.10:

軽量なミニウィンドウを実装いたしました。(オプション -miniw で起動)
ソロマイニングや、PoS報酬を受け取る際、常駐させるのに便利な仕様にいたしました。
(e.g. SorachanCoin.exe -server -miniw)

deposit address:
これをクリックいたしますと、お預かりアドレスが表示され、クリップボードにコピーされます。
unlock SORA:
下の入力欄にパスワードをご入力いただき「unlock SORA」をクリックいたしますと、PoSが始まります。
Minimize button:
タスクトレイに、このウィンドウを格納いたします。

残高のご確認や、PoSを実施するだけなら、このウィンドウで十分です。
もちろん、いつものQtウィンドウも実装されれおります。-miniwオプションを外すだけで問題ございません。

About いよいよ実装中:ブロックチェーン活用のドライブ故障予測
メインチェーン [トランザクション] と サイドチェーン [FinexDriveChain]

本チェーンの目標は、ドライブ故障予測(HDD/SSD/M.2)のP2Pネットワーク構築(Finex Drive Chain)と、データ復旧サービスの健全化を目指しております。
まず、Finex Drive Chainについては、こちらに詳しくまとめました。
次に、この健全化については、実際に「社名を変えながら」という、とある業者が、社会問題化しております。
例えば、復旧団体よりこの件に関する警告が出ておりました。以下のリンクをご参考ください。
>> こちらをクリック

例: 軽微の損傷ゆえに、数日程度で対応可能な場合(SSD)は、200ドル前後が多いです。
しかし、もしこれで、です。ドライブを業者に預けた後、0.7 BTC を請求されたら ...
(2021年2月、つい先日の出来事です)

こちら(>> click)にある仕組みをサイドチェーン("Finex drive chain")として組み込む実装を行います。
※ ご協力いただき、感謝です。(Finexbox)

メインチェーン:
ヘッダサイズ: 80 バイト (CBlockHeader<uint256>)
ブロックサイズ: 1 メガバイト
シンクロタイプ: Full

サイドチェーン:
ヘッダサイズ: 16400 バイト (CBlockHeader<uint65536>)
ブロックサイズ: 1 ギガバイト
シンクロタイプ: Full or header-only

>> around CTxDB: /SorachanCoin-qt/blob/master/src/txdb-leveldb.h
* using CTxDB = CTxDB_impl<uint256>; // mainchain
* using CTxDB_finexDriveChain = CTxDB_impl<uint65536>; // sidechain-1

ウォレットの下の方に、独立したウィンドウを出すためのボタンを実装しております。
独立ウィンドウで、各ドライブに対する解決策をしっかり対応いたします。
[ご利用方法: Click here]

猫なので……、面倒なものは、すべて省きたい。
そのため、出来る限りの機能を「一つの実行ファイル」に詰め込みました。
--- "SorachanCoin.exe , SorachanCoind"

それゆえに, 事前に様々なライブラリなどを事前に準備する必要はありません。
実行ファイルをダブルクリックするのみ、です。

実行ファイルを実行するだけ。FromHDDtoSSDと同じ方式を採用いたしました。シンプルです。

* White paper

* PoW プール情報

公式でもプールを用意いたしております:
https://sora.junkhdd.com/mining/pow_pool.html

* 取引所

* FinexBox based pair: https://www.finexbox.com/

* FinexBox: https://www.finexbox.com/

SORA/BTC:
https://www.finexbox.com/market/pair/SORA-BTC.html
SORA/DOGE:
https://www.finexbox.com/market/pair/SORA-DOGE.html

* Coin163: https://www.coin163.org/

SORA/USDT:
https://www.coin163.org/auction/exchange/SORA-USDT.html

* Unnamed Exchange: https://www.unnamed.exchange/

SORA/BTC:
https://www.unnamed.exchange/Exchange?market=SORA_BTC
SORA/ETH:
https://www.unnamed.exchange/Exchange?market=SORA_ETH
SORA/LTC:
https://www.unnamed.exchange/Exchange?market=SORA_LTC
SORA/uTip:
https://www.unnamed.exchange/Exchange?market=SORA_uTip
SORA/DOGE:
https://www.unnamed.exchange/Exchange?market=SORA_DOGE
SORA/USDT:
https://www.unnamed.exchange/Exchange?market=SORA_USDT
SORA/XMR:
https://www.unnamed.exchange/Exchange?market=SORA_XMR
SORA/WAVES:
https://www.unnamed.exchange/Exchange?market=SORA_WAVES

■ SorachanCoinについて

□ block parameter

src/const/block_param.h:
https://github.com/FromHDDtoSSD/SorachanCoin-qt/blob/master/src/const/block_param.h

□ reward (PoW and PoS Hybrid)

src/timestamps.h:
https://github.com/FromHDDtoSSD/SorachanCoin-qt/blob/master/src/timestamps.h

□ key store and hash

src/key.h, src/quantum:
https://github.com/FromHDDtoSSD/SorachanCoin-qt/blob/master/src/key.h
https://github.com/FromHDDtoSSD/SorachanCoin-qt/blob/master/src/quantum

□ network

src/net.h:
https://github.com/FromHDDtoSSD/SorachanCoin-qt/blob/master/src/net.h

□ memory management

src/allocators.h, src/quantum/quantum.h:
https://github.com/FromHDDtoSSD/SorachanCoin-qt/blob/master/src/allocators.h
https://github.com/FromHDDtoSSD/SorachanCoin-qt/tree/master/src/quantum

□ wallet self-checking

src/bench:
https://github.com/FromHDDtoSSD/SorachanCoin-qt/tree/master/src/bench

* ロードマップ

2018年:
ブロックチェーンのP2Pを利用する故障予測を考えました。

2018年-8月:
ブロックチェーンを立ち上げました。

2018年-8月:
バージョン1.0をリリースいたしました。

2019年-8月:
ウォレットのデザインを更新いたしました。

2019年 - 2022年:
各取引所に上場いたします。

2020年-12月より:
まず、セキュリティ周辺の見直しを実施いたしております。
Version 2.2.9 (安定サーバ版はVersion 1.2.9)
(例:セキュア文字列の強化等)

2021年-2月(2021-1月に実装):
ベンチマーク機能を実装したウォレットをリリースいたしました。

2021年 3月-5月:
データベースに最新版の「SQLite」を採用し、徹底的な検証作業を実施いたします。
また、ドライブ検査機能(ブロックチェーンを活用する統計スキャン)を実装した「SorachanCoin v4-ウォレット」をリリースいたします。

2021年 5月-7月:
5月に、本コインは半減期を迎えます。
そのため、ここで「SorachanCoin v5-ウォレット」をリリースいたします。
* ブロックチェーンに関する詳細表示や処理を「GUIで処理」できるウィンドウをWindows版から実装いたします。
* ドライブベンチマーク機能のランキングをブロックチェーン上で実現するなど、その他、楽しめる機能も実装いたします。

* ハードフォークについて

ハードフォークを実施する場合、三カ月前に、SNSを通じて通知いたします。
このハードフォークは、ブロックチェーンを分岐させ、分岐後のチェーンと同期させる必要が生じます。
しかしながら、複雑な手続きは一切必要ありません。
ウォレットをアップデートするだけで、自動的に適用される仕組みを導入いたします。ご安心ください。

* このプロジェクトについて

The SorachanCoin Developers [in Japan]
Tokyo:25-22 Iwabuchi-machi Kita-ku Tokyo, 115-0041
Saitama:134-1 Kaminitte Honjyo-shi Saitama, 367-0007
Iwate: in preparation

* オープンソースについて

Distributed under the MIT/X11 software license, see the accompanying.
http://www.opensource.org/licenses/mit-license.php.