Hybrid PoW / PoS
BlockExplorer: こちら

A drive(HDD/SSD) failure prediction
Finex drive chain.

□ FromHDDtoSSD v3 with Blockchain 操作方法

本ページにアクセスしていただき、誠にありがとうございます。
まず、FromHDDtoSSD v1 v2の操作方法については、従来のページです。
https://www.iuec.co.jp/fromhddtossd2s/
ブロックチェーンについては、以下のページにまとめていきます。
https://www.iuec.co.jp/blockchain/
https://www.iuec.co.jp/blockchain/fhs_under_development.html (データ構造)
ダウンロードについては、以下よりお願いいたします。
https://www.iuec.co.jp/fromhddtossd2s/v3_0_dl.html
※ 2021年11月25日(木)、リリースいたします。

□ こちらでは、v3に搭載されました新しい機能をご紹介しつつ、操作方法をまとめております。
今後とも、なにとぞよろしくお願いいたします。

■ [FromHDDtoSSD v3] 統計スキャン 操作方法

1, ブロックチェーンが同期するのを待ちます。

□ 初回は、同期まで数時間かかります。
なお、ブロックチェーン同期後は、差分だけとなるため速くなります。

2, ネットワーク手数料分の残高を確認いたします。
(1回の検査で0.03 - 0.04 SORAを消費いたします。そのため、1.00 SORA 以上を確認しています)
※ 残高の追加は「deposit address」をクリックいたしますと、受け取り用アドレスがコピペされます。
そちらを、Discord(SorachanCoin)のwithdrawで、受け取ることができます。
(運営側より、ひとまず約200,000 DOGE分を「配布用」に確保いたしております)

Discord(SorachanCoin)にご入室後、#rain-roomに入ります。
そこで"+reg"と打ち込みます。これで登録が完了いたします。
"+bal"で残高確認、"+catch"で投げられたSORAの取得(定期的に実施されております)が可能です。
ある程度貯まりましたら、"+withdraw"で本FromHDDtoSSDに移動させることができます。
※ +withdraw構文:+withdraw アドレス 移動量
アドレスは必ずSから始まります。「deposit address」をクリックいたしますと、自動でコピペされます。

3, 右下ウォレット部の上の欄にパスフレーズを入れ、「to stake SORA」で解除します。(暗号化した場合)

□ 検査のみのご用途でも、ウォレット暗号化をおすすめしております。
※ なぜなら、設定されないと「to send SORA」から外に移動できてしまいます。
右下ウォレット部の上の欄に設定されたいパスフレーズを入れて「encrypt SORA」をクリックいたします。
なお暗号化の際、再起動が必要となる場合が多いのですが、本FromHDDtoSSDは不要となっております。

4, 完全・詳細スキャン設定より、以下の赤丸部分にチェックを入れます。

5, ドライブを選択後、一番上のボタン(完全スキャンと同じ)をクリックいたします。

6, ブロックチェーンを基に統計スキャンが開始されます。

7, 下の解析精度が十分に上がっており、オールグリーンであればOKです。
※ 右にあります「警告メッセージのタブ」に、ワーニングが出なければOKです。