最先端の統計(ブロックチェーン等)から導かれた解決策をご案内いたします。 ご相談および初期診断作業は無料です。お見積やキャンセル料金も無料です。 そして、完全成功報酬のデータ復旧サービスを実現しております。 お気軽にお問い合わせください。24時間365日、対応いたします。

□ [秋葉.jp] 創業22年目 データ復旧サービス
富士通製 MPG3409ATの40GB から始まりました。今ではWesternDigital製 20TBですね。500倍ですね。大容量になりました。

弊社データ復旧サービスをご検討いただき、誠にありがとうございます。
データ復旧を必要とされるドライブは、刻々と状態が変動いたします。
そのため、一度の診断と復旧作業で、必ずご指定のデータを取り出す必要がございます。
※ 試行回数が増えるほど、データ記録面の損傷が進み、復旧成功率が下がっていきます。

そこで、技術の開発が必要となります。
しかしながら、データ復旧技術はどこも企業秘密ゆえに、自社で開発する以外に、入手の方法はありません。

* データ記録面の保護を最優先としながら、データを最短の道筋で取り出す技術の開発

これがデータ復旧サービスのすべてです。弊社では2005年から取り組んできまして、
非常に難解ゆえに、飛びつくようにあらゆる技術を試し、2022年、ようやく完成に至りました。

* 最先端の解析技術を惜しみなく試行 (Web1.0 - Web2.0 - Web3.0と移行しました)

解析技術は多岐に渡りまして、その時代にあわせたものが常に出てまいります。
2005年頃はWeb1.0の始まりで、コマンドを開発してその場でドライブの状態をみながら対処していました。
東芝製40GBのハードディスクなどが多く、低容量ゆえに、これでも満足の得られる結果を得ておりました。

しかし、2009年に1テラバイトのハードディスクが誕生いたします。
さらには、この年は新しい記憶媒体……SSDの本格普及の開始年にあたります。
この頃のSSDは、みな「プチフリ」という症状に悩まされたのもなつかしいですね。
* プチフリ……アクセスのとき、時々フリーズする症状となります。

それから間もなく、2テラバイト以上のドライブが揃うようになり、
SSDも「プチフリ」を解消して本格的な普及が始まりました。
その性質上、いよいよ2000年代の手法では対応が難しい大容量化したドライブが沢山出てまいりました。

そこで、2010年代……Web2.0に起きたビッグデータ解析です。
数々の手法が公開されはじめ、そこに飛び乗る形でデータ復旧用への応用的な活用を開始いたしました。

人工知能などを活用した自動スキャンなどが完成して、大容量なドライブにスムーズに対応可能となりました。
この成果はとても大きく、容量100倍でもお見積を上げずに、その大容量を安全に対処可能となりました。

しかし、解析データの量が非常に多く、サーバ代などがのしかかります。ビッグデータの語源は、これでした。

それに悩んでいたとき、いよいよWeb3.0の分散型アプリケーション……ブロックチェーンでした。
解析データが分散するため、サーバの心配がなくなりました。
これで、安定したデータ復旧の見通しを立てることが可能となり、完成となりました。

* ご相談無料、お見積無料(キャンセル料金無料)です。

ご相談は無料です。その場で解決可能な場合は、それをご案内させていただきます。
* 数ファイル程度の場合、1回だけ、コピーを試しても大丈夫です。
また、お見積も無料(キャンセル料金無料)です。

* ご発送前……ご相談の段階でお見積できます。

みてからではなく、ご相談の段階でお見積いたしまして、その金額を遵守いたします。
創業以来、この方式で対応してまいりました。今後も、この方針は変わりません。
* 2007年頃から、他社にて、実際にあずけてから金額が跳ね上がる事例が多数出ており、この方式が見直されてきました。 預ける前よりお見積が掌握できますので、ご安心いただけると考えております。

* 完全成功報酬を採用しております。

作業完了後、復旧された全データを拝見可能なデータリストをご案内いたします。
それで問題ないことを確認後、お支払いとなります。
* データ復旧が難しい場合は、費用は一切かかりません。ご安心ください。

* 送料は発送側がご負担でお願いいたします。

復旧可否に関わらず、弊社からのご発送分は、弊社にて負担いたします。
* 送料につきましては、ご発送側のご負担をお願いいたしております。

概要は以上です。複雑にならず、シンプルに対応してまいります。
なにとぞよろしくお願いいたします。